運動を楽しく続けるコツはシューズ選びから!

>

トレッキングシューズの選択は慎重に!

この記事をシェアする

用途に合わせて2タイプから選びましょう

トレッキングシューズは大まかにいえば2種類あるのですが、かなりの違いがあるのでしっかり選びましょう。
ローカットで軽量化されているのが「ライトタイプ」です。
用途としてはハイキングや比較的整備された道にむいていて、普段使いにも向いているタイプです。しかし軽量でシューズ自体が柔らかいので悪路や重い荷物を背負って歩いた場合、足首に負担がかかって不安定になりやすいので本格的な登山には向いていません。

もう一種類はハイカットでしっかりとした作りの「ノーマルタイプ」です。
登山靴のイメージはこちらのタイプで、ハイカットで剛性が高い作りなので悪路で重い荷物を背負っていても安定して歩くことが出来ます。
しかし悪路を想定しているため舗装道路などでは歩きにくく疲労がたまりやすくなるので普段使いには向かないシューズです。

トレッキングシューズの特徴

トレッキングシューズの特徴として安定性と耐久性があります。
平地を歩く時は安定性や耐久性を気にせず軽量で歩きやすいシューズを選びますが、山道では足場が不安定なため足を固定して安定性を高め、靴底を固くして岩場に耐える耐久性を持たせる必要があります。このためトレッキングシューズは軽さ優先では選ばず安定性と耐久性を重視しましょう。

トレッキングシューズの快適さのカギは防水性と透湿性です。
登山では、雨、雪道、川などシューズに防水性を求めることも多くなりますが、防水性だけを求めると靴の中が蒸れて不快さが増してしまいます、そこで必要なのは湿気を逃がす透湿性です。

以上の特徴を踏まえた上であなたに合ったトレッキングシューズを探してみてください。